PMTC

PMTCとは?

お口の2大疾患(虫歯と歯周病)の原因は歯垢(細菌の塊)です。歯垢をとることをプラークコントロールといいます。プラークコントロールを実践するためには毎日のブラッシングが大切で、日々ご自身で行うことがセルフケアーのひとつといえます。
セルフケアーですべての歯垢をとりきる事が理想ですが、現実にはなかなか上手くはいきません。そこでセルフケアーで十分にプラークコントロール出来ない部分をサポートするのがPMTCです。
PMTCは、専門のトレーニングを受けた歯科衛生士が、歯の表面についた歯垢や沈着物を特殊な医療器機を使って完全に取り去った後、歯垢の再付着を防ぎ歯の質を強くするためにフッ素を塗布する行為をいいます。
虫歯・歯周病の予防管理を目的として北欧でシステム化され,現在多くの国で行われています。患者様各々のリスクに応じた間隔でPMTCを受ける事で虫歯の再発及び歯周病の進行を防ぐことができます。
臨床結果からも、虫歯の抑制効果および歯周病の進行抑制効果があるといえます。

歯

う~~ん、専門用語ばかりでちょっと難しいですね…
もう少し簡単に言いますと「PMTC」というのは「プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング」の略。早い話が、プロにやってもらう「本格的な歯のお掃除」のことです。「おいおい」というくらいストレートなネーミングですね。
「歯ぐらい自分で磨ける!」「何も人に磨いてもらわなくても…」と思う方もいると思いますが、歯磨きをあなどってはいけません。実は、虫歯&歯周病を防ぐ手段というのは、「キチンと歯を磨くこと」しかないのです。私たちが使える武器は「歯ブラシ1本」だけ。でも、歯はものすごく複雑な形をしているので、一生懸命磨いているつもりでも、どうしても磨き残しができてしまうもの。あんまり自分の歯の形を、じっくり見たことはないと思いますが、このチャンスに、一度、口をあんぐりあけて、まじまじと眺めてみてください。「よくもまぁ、こんなものを創ったもんだ…」と、感心してしまうほど、口の中は複雑な構造になっているんです。「これは、全部キレイに磨くのは、素人にはとても無理だわ」と、思わず納得できるのではないでしょうか?
そこで、必要になってくるのが、「プロの手によるプロのお手入れ」です。エステを体験したことのある女性なら、すぐにわかると思いますが、エステティシャンにやってもらうと「これが私の肌?!」と思うくらい、もちもち、すべすべに変わりますよね。それと同じように、歯科衛生士の手による「本格的な歯の大掃除」をやると、「うわぁ~、つるつるぅ~♪ すっきりぃ~」と、びっくりするくらい、歯の表面がなめらかになり、お口の中がさっぱりするんです。

PMTCの効果
PMTCの効果
治療手順
STEP 1

歯の表面、歯肉の中に付いた歯石を除去します。
(当院ではPMTCの前に保険治療で歯石をお取りします)

STEP 2

染め出し液を使って歯垢を染め出します。
(通常のコースには含まれません)

STEP 3

研磨用のペーストをブラシにつけて、歯の表面を磨きます。

ブラシ磨き

STEP 4

歯と歯の間の汚れをラバーポイントやフロス等で取り除きます。

ラバーポイント清掃

STEP 5

フッ素配合の仕上げペーストをシリコンラバーカップにつけて歯の表面を磨きます。
※フッ素が定着するまで1時間ほどお食事は控えて下さい。

ラバーカップ磨き

STEP 6

歯垢の付き具合や、定期的に行うポケット検査を基に患者様ごとのブラッシング方法等の指導を行います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

PMTCがどんなに素晴らしいものであっても毎日の歯磨きを怠ってしまえば歯垢はすぐ付いてしまい、あっという間に虫歯になってしまいます。
毎日の歯磨きと定期的なPMTCを行うことで美しい健康な歯、歯ぐきを維持でき虫歯や歯周病を防ぐ事が出来るのです。


PMTCに関する質問はこちら↓

PMTC Q&A

line

PAGE TOP
Copyright(C) 2012 Suda Dental Clinic All Rights Reserved.